静岡県と言えば富士山

静岡県は有名なものがたくさんある県ですが、富士山は静岡県民に深く根付いているものだと思います。私自身も学校の屋上からよく見ていて、晴れた日に電車に乗るとそこから富士山が見えることもありました。

学校の美術の授業では、学校の窓から見える富士山を描くという授業があったぐらい私たち静岡県民にとって富士山は身近な存在です。

富士山は世界遺産にも登録をされて、日本国内だけではなく海外からもたくさんの人が足を運んでいるスポットになっています。標高は3776メートルあり、初心者の人にも登りやすい山です。

私がおすすめするのは、富士山から見る初日の出です。もちろん富士山に登るのではありません。冬には登れないし、初心者にはまず無理です。

富士山のふもとにある本栖湖というスポットは、毎年たくさんの人で賑わっています。ここから見る景色は目の前の湖に富士山が逆さまに映る、逆さ富士が見れるスポットとして有名な場所です。

私たち家族も毎年行っていて晴れていれば、とてもきれいな風景で圧倒されます。

富士山と太陽のコラボレーションは美しく、清々しい気持ちになります。ですが湖がすぐ近くにあることによりとても寒いので、防寒対策をしっかりとするようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする